日本料理について トップ › 

img

日本料理について

日本料理とは日本の国土や習慣により育まれた独自の料理の事を言います。 日本料理は日本食や和食とも言われます。
日本料理は今や、世界中で注目されている料理でもあります。
特に欧米では日本料理への注目度が高く、寿司やそば、てんぷらなどが人気です。 ですが欧米などの海外では、本格的な日本料理を味わう事は難しいかも知れませんね。


では続いて、日本料理の歴史について少し説明したいと思います。 私たち日本人の主食である米、その米を食べる食習慣は縄文時代から始まったと言われています。
日本料理の定番である煮物や蒸し物、焼き物も古代から行われていたそうですが、揚げ物が始まったのは飛鳥時代になってからだそうです。 その揚げ物は中国や朝鮮から伝わったと言われています。

中国からはその他にも様々な料理が伝えられました。 この様な時代の料理は今の日本料理ではなく、精進料理に近かったそうです。 ですから本当に質素でなおかつ栄養のある料理を古代の日本人は食していたのですね。
現在、私たちの食文化は大変多様化しています。 ですから日本人にとっても、本格的な日本料理を食べる機会は貴重になっているかも知れませんね。
ですがたとえどんなに食文化が多様化しようとも、私たちはどこかで日本料理を求めているものです。 味噌汁を飲むとホッとしたり、炊き立ての白米を食べると幸せを感じたりするのは、古代より受け継がれてきた日本料理の歴史が関係しているからだと思います。